大阪、奈良の司法書士

土地や建物の持主が死亡すると、相続人の間でこれらを含む全遺産の処分が話し合われ、土地などを受け継ぐ相続人が決まりますが、不動産を相続すれば相続登記を行うのが一般的です。

相続登記に限らず、登記は権利者自ら行うこともできますが、こと相続登記については、戸籍に詳しい人は別ですが司法書士に依頼した方が無難です。

というのも、相続登記を申請するには申請者が相続人であることを証する戸籍の添付が必要ですが、そのためには、戸籍の記載を手掛かりに不動産を受け継がない相続人を含む全ての相続人の戸籍をそろえなければなりません。

本籍地を移転したり戸籍の改製が行われていたりすると、必要な戸籍の収集は結構難しい仕事になりますので、時間と手間をかける覚悟で取り組むならともかく、司法書士に依頼する方が円滑に事務が進みます。