B型肝炎訴訟を弁護士に依頼したときの着手金

B型肝炎訴訟の救済条件に該当していて、給付金を受けるために請求を行うときは、弁護士に依頼するようになりますが、やはり気になるのが費用です。弁護士に手続きの依頼をする際には着手金が必要になります。

これは、委任契約をしたら支払うものであり、裁判の結果に関わらず返金されることはありません。裁判に勝った場合に支払う費用に報酬金がありますが、着手金は報酬金とは異なるもので、報酬金の前金ではありません。

B型肝炎訴訟の依頼については、着手金を無料にしている法律事務所もあります。B型肝炎に感染してしまい、給付金の請求を検討している方は、まずは法律事務所の無料相談を利用してみましょう。